歯科処方薬の費用

歯科処方薬の費用について

歯科における薬の費用について

歯科医院における薬の処方の費用には院内で処方を受ける場合の「院内処方」と、医院外に処方箋を持って行き処方してもらう「院外処方」があります。それぞれで料金が異なり、院外処方は処方箋料等がかかることで院内処方に比べて料金が高額になります。歯科医院における院内処方の料金は基本的に「薬剤料」「調剤料」「処方量」などがあり、それらの料金の合計額に国民健康保険が適用された額(1割〜3割程度)が負担する費用となります。院外処方の場合は処方箋料が必要となり、より高額となった調剤料等もかかります。なお、ジェネリック品を希望する場合は治療の際にお医者さんにその旨を伝えておくと良いでしょう。

歯医者でもらえる薬とは

あまり馴染みがない人もいるかもしれませんが、歯科では、治療のための薬も出してくれることがあります。主なものとしては抜歯後の痛み止めや抗生物質などが有名ですが、口内炎などの治療も行うことができます。市販で買うよりも安い価格で手に入れることが可能です。痛み止めで胃が荒れるのが心配な場合には、保護するための薬も出してもらえることがあります。歯や口内に関することであれば、歯科で一度相談してみましょう。合わせて適切な処置をしてもらえますので、市販で購入している場合は歯医者に行く方が経済的なこともあります。

↑PAGE TOP